前へ
次へ

ハンドル操作で交通事故

車を運転しているときにハンドル操作のミスや、ブレーキとアクセルの踏み間違いなどによって交通事故を起こすケースもあります。
まず運転操作不適はハンドル操作に問題があることも多く、その理由としては独特なハンドルの握り方をしている人にあります。
これらは自動車教習所で習ったハンドルの持ち方ではなく、自分が楽な姿勢で運転できる独特のスタイルをしていることでハンドル操作をミスすることがあります。
そのために交通事故を起こさないように心がけるには、基本のハンドルの持ち方をし、必ずたすき掛けで左右に回すことが基本となります。
そしてブレーキやアクセルの踏み間違いという初歩的なミスが起こるのも事情があり、その一つとして慌てて運転をしている時に起きることも多いです。
慌てて運転をしていると心に余裕がなく、止めなくてはいけない時にブレーキをアクセルと間違えたり、またアクセルと間違ってブレーキを踏むというのは問題がありませんが、パニックになって違う行動に出てしまうことも少なくありません。

Page Top