前へ
次へ

幼稚園時代に交通事故に遭いました

私は、小学校へ上がる前に、近所の道路で車に足を引かれる交通事故に遭いました。
普段は通らないはずの道に乗用車が通ったためです。
過信して遊んでいたのは事実です。
急に現れた車に、子ども達は逃げました。
しかし、私と友人の二人が取り残され、友人は飛ばされてかすり傷、私は足を引かれました。
傷は、骨には達しなかったものの、けんを切り親指以外は動かなくなりました。
また、皮膚の移植などが必要となり、自分の体からとるために傷跡は三箇所となりました。
しばらく傷口がふさがらなかったり、リハビリや矯正靴などを経て、ようやく普通の子と同様に体育ができるまでになりました。
少しの油断と過信が一生の傷をつくり、疲れたときなどは足を引きずるようなりました。
今後歳をとるにつれ痛みが増すような気もしています。
道路での遊びは要注意です。
大人でも子どもと一緒に玄関先の道路でバドミントンをすることなどがあります。
しかし、こういった遊びにも危険が潜んでいるということです。
交通事故に遭わないように、少しの注意を継続してはらうことが大切です。

Page Top