前へ
次へ

交通事故に遭ったらどうしたらよいか

突発的な交通事故に遭遇するとどうしても混乱してしまいがちですが、まずは落ち着いて行動しなければなりません。
交通事故に遭った時、警察に届け出る義務があるのは主に加害者ですが、事故によって怪我をした場合などは人身扱いにするために被害者が届け出ることも重要です。
また事故で被害に遭った時に決して忘れるべきでないことの一つは、相手をきちんと確認しておくことです。
加害者の住所や氏名に加えて、相手が加入している自賠責保険や車両の登録ナンバー、相手の勤務先と連絡先などは必ずチェックしておくようにしましょう。
さらに交通事故の目撃者がいる場合には、その人の証言をメモしたり、必要なら承認になってほしい旨を伝えておくことができます。
加えて、交通事故の当事者である自分自身の記憶も徐々に薄れていくため、事故の直後で記憶がまだ鮮明に残っているうちに、事故の経過や事故現場の見取り図、写真などを残しておくことも重要なポイントとなります。

Page Top