前へ
次へ

ライトは点灯して交通事故を防ぐ

夜の時間帯に自転車で移動する時には、必ずと言って良いほどライトを灯けます。
そうでないと交通事故に発展してしまう可能性があるからです。
夜道は非常に暗いですから、ライトを点灯しておかない事には、歩行者が気が付いてくれない可能性があります。
万が一歩行者が気が付いていないと、自転車が衝突してしまう可能性がありますから、ライトの点灯はほぼ必須です。
何も自転車だけではありません。
自動車を運転する時も、同じ理由で点灯しておく必要があります。
万が一の事態をあらかじめ防ぐためにも、点灯はほぼ必須です。
ところでライトを点灯する理由は、他にもあります。
万が一交通事故になってしまった時は、過失扱いになってしまうからです。
過失割合が発生してしまいますと、自分にとっては不利な状況になってしまいかねません。
支払われる慰謝料が減ってしまう可能性もありますし、その逆もあり得ます。
お金の問題にも関わってきますし、暗い道を走る時に点灯を忘れないよう注意が必要です。

Page Top