前へ
次へ

歩行者でも交通事故に遭遇するリスクがある

現代社会で暮らしている以上、交通事故のリスクは避けては通れません。
自家用車の運転免許証を持っていない方でも、当然ですが通勤や通学やお買い物ためには、街の道路を歩くはずです。
歩行者が不幸な事に交通事故に巻き込まれるケースがあります。
きちんと横断歩道を渡っていても、危険な運転をするトラックやマイカーがそこに飛び込んできたら、誰でも被害者になります。
残念ながらドライバーの中には、免許を取得しているにも関わらず道路交通法を理解していなかったり、自分よがりな危険運転を繰り返したり、信号機や道路標識を守らなかったりと、モラルとルールに反した人々がいます。
青信号で横断歩道を渡っていても、そこに居眠り運転や飲酒運転の車が、猛スピードで突っ込んでくれば、大怪我は免れません。
もし自分や家族が交通事故に巻き込まれたら、どうすべきなのでしょうか。
遭遇した直後は怪我の治療が最優先です。
救急車で病院に行き、専門医の診察と治療を受けましょう。
軽症であっても必ず病院で診察を受けるべきです。
交通事故で負った怪我だと、専門医に認めてもらわなければ、後々加害者に対して正当な補償が求められません。

Page Top