前へ
次へ

万が一の事を想定して交通事故を防ぐ

交通事故は、ある程度防ぐこともできます。
万が一の事も想定してみると良いでしょう。
例えばある場所に車が停まっていて、そのすぐ近く通りがかる時などは、突然に車が動き出す状況も想定してみる方が良いでしょう。
現時点では車が停まっていても、急に走り出さないとは断言できません。
もちろん走り出した車に衝突してしまえば、負傷してしまう可能性があります。
また車のドライバーとしても、色々な状況を想定するに越した事はありません。
例えば自分の車の前側に、別の車が走っているとします。
やや距離も近い状況です。
その場合、自分の前にある車が急ブレーキをかけてくる状況も、想定してみると良いでしょう。
事前に想定しておけば、早めに対処する事ができます。
全く何も想定していないと、突然の出来事によって交通事故になってしまうケースはよくあります。
道を歩く時は、なるべく色々な状況を想定しておくのが望ましい訳です。
万が一の負傷を避けるためにも、やや危ない状況も想定してみると良いでしょう。

Page Top